CATEGORY 国産ワイン

当初は当たり前のことながら他店との差別化を図るため、独自に輸入したワインのみを販売させていただくつもりでしたが、自身の勉強のためにも自国のワインを課題として取り上げ、ブドウ生産者の栽培についてのこだわりや、ワイナリーの醸造方法に対する探求など、生きた情報を集めながら各ワイナリーを探訪し、そのワインの美味しさや雰囲気を皆様にお伝えしたいと考えております。

また道中において出会った素敵な季節の風景や、おすすめの観光名所であったり、その土地々の美味しい物などを色々なワインとともにご紹介させていただきたいと思います。

今回は、甲州勝沼の蒼龍葡萄酒㈱をご紹介させていただきます。

(情報は徐々にアップしてまいります。)

winery-img12会社(正面)

  蒼龍葡萄酒株式会社はブドウとワインの里、勝沼町の草分け的なワイナリーとして、1889年に創業されました。明治10年、祝村(現勝沼町)の2人の青年、高野正誠と土屋龍憲がフランスに派遣され、本格ワインの技術を習得し、日本のワインの先駆者となり、その流れを受け継ぐ歴史あるワイナリーです。

winery-img7winery-img6

 社名の由来は、現社長の先々代が勝沼の中心を流れる日川渓谷沿いの広大なブドウ園を所有し、春一面に青葉と染まる様子を見て、蒼い龍の如くという事で蒼龍園と名付けた園名を、ワイン会社に引き継がれています。蒼龍とは、中国の東西南北の守護神のうち、東を司る髪を指します。この神は幸運、繁栄をもたらす神であり、それを社訓としてお客様に喜んでいただく事を願い、日々ワインの製造に勤しまれています。

winery-img9winery-img13

company2