適したワインの保存方法

ワインはとてもデリケートな飲み物であるため、保存方法によっては品質の劣化や変質などを起こしてしまうこともあります。こちらでは、ワインの適した保存方法をご紹介致します。

一定の温度と湿度をキープする

ワインは季節関係なく、一定の温度と湿度を維持し続けることが重要です。ワインの品質を保つ最適な温度は13~15度、湿度は60~70パーセント前後となっています。湿度が高すぎるとラベルにカビが発生し、低すぎるとコルクが乾燥して酸化しやすくなるため、注意が必要です。

冷蔵庫でワインを保存する際には、ワインを新聞紙で巻いてキャップシールの部分をラップで密封し輪ゴムで留めましょう。こうすることで、ワインセラーがなくてもワインの保存が可能です。

日光が当たる場所は避ける

日光

直射日光が当たる場所での保管は避けましょう。ワインは日光によって変質しやすい特徴を持っており、日光を浴びることで「日光臭」という独特の不快な臭いを発生させます。そのため、冷暗室など日光が直接当たらない場所が適切です。

また、蛍光灯などの光も長時間浴びるとワインに影響を与えてしまいますので、ご家庭で保存する際は箱や新聞紙に包んでおくことをおすすめします。

ボトルは横に寝かせて保存

ワインボトル

ワインを保存する際、ワインが漏れてしまわないように立てておく方も少なくありません。

しかし、ボトルを立てたまま保存するとコルク栓が乾燥して縮み、コルク部分から空気が入って酸化が進んでしまうことがあります。そのため、保存をする際はボトルを横に寝かせるようにしましょう。

においの強いものを近くに置かない

強いにおいを放つものをワインの近くに置くと、コルク栓を通してワインがにおいを吸収してしまう場合があります。においが移るとワイン本来の香りが消えてしまい、美味しさが半減してしまうので気をつけましょう。

数回に分けて飲んだり、じっくりと寝かせてから飲んだりなど、ワインの飲み方は人それぞれです。贈答品などでワインの詰め合わせをもらったときには、ご紹介した方法を参考にしてみてください。

ワインやクラフトビールの詰め合わせを通販でご紹介

ジャパンメディアセールスの通販サイトでは、イタリアから直輸入のイタリアワインやクラフトビールを販売しております。取り扱っているイタリアワインは・スプマンテと豊富で、数多くのイタリアのワイナリーから直接輸入しております。ご家庭用としてはもちろん、贈答品としてもイタリア産ワインの詰め合わせはぴったりです。様々なワインがセットになった贅沢な詰め合わせも通販にて取り扱っておりますので、お求めの方はぜひジャパンメディアセールスの通販をご利用ください。

ワインをより楽しむためのコラム

イタリアワインの歴史イタリアワインの魅力イタリアワインの格付けについてイタリアワインの楽しみ方

イタリアワインに使用される代表的なブドウ品種ワインと料理の相性の良い組み合わせ方とは?

適したワインの保存方法各国のワインの特徴クラフトビールに関する基礎知識クラフトビールの美味しい飲み方

店名 ジャパンメディアセールス
住所 静岡県島田市柳町11-2
電話 0547-37-5005
URL http://www.jame-sa.com/
取扱商品 直輸入イタリアワイン、直輸入クラフトビール、国産黒毛和牛ハンバーグなど