クラフトビールに関する基礎知識

クラフトビールの「定義」とは

クラフトビール

クラフトビールには世界共通の定義というものはありません。しかし、一般的には「小規模である」「独立している」「伝統を守っている」といった3つの基準を満たしているものがクラフトビールと呼ばれています。

ただ、この3つの基準はアメリカのブルワーズ・アソシエーションによるクラフトビールの定義であり、国によって定義に違いがあります。

クラフトビールと地ビールはどう違う?

ビール

クラフトビールと地ビールでは、実は違いはほとんどありません。どちらも大量生産されるものではなく、小規模な醸造所でその地域だけでのみ生産されるビールです。日本では地ビールという言葉が馴染み深いですが、クラフトビールという言い方も徐々に定着しつつあります。

原料にもほとんど違いはなく、「大麦麦芽」「ホップ」「水」「酵母」といった4つの原料が、ビールの基本原料です。その他、その国の嗜好に合わせて米や小麦、コーン、スターチ、糖類など様々な原料が使われます。4つの基本原料以外はまとめて副原料と呼ばれています。

世界的にも有名なベルギービールは、風味をつけるために副原料として果物やスパイス、ハーブ類が使われています。一方でビールの本場であるドイツでは、「ビール純粋令」が制定されてから現在まで副原料を使わずに基本原料のみでビールが作られています。

クラフトビールの種類

クラフトビールと一言にいってもその種類は様々ですが、中でも代表的なクラフトビールの種類は下記の通りです。

» IPA(インディア・ペールエール)

苦味の強いペールエールにさらにホップを増量したビールです。個性的でさわやかなホップの香りが特徴です。

» ヴァイツェン

小麦を使って作られたビールで、苦味が弱くまろやかな味わいとフルーティーな香りが特徴です。

» スタウト

ローストした麦芽を醸造して作られた黒いビールです。焙煎した麦芽独特の香ばしさと深いコクが味わえます。

» アンバービール

ローストした麦芽を醸造した琥珀色のビールです。絶妙なバランスの苦味とコクで料理にも合わせやすいのが特徴です。

» サワーエール

乳酸や野生酵母を発酵させることで、酸味が生まれます。その酸味を用いて作られた酸っぱいビールがサワーエールです。ベルギーが発祥地で酸味が強いのが特徴です。最初は酸っぱさにビックリする方も多いですが、飲み進めていくうちにやみつきになります。

ちなみにエールとは

ビールは酵母の違いによってエールタイプ(上面発酵)とラガータイプ(下面発酵)の2種類に分けられます。イギリスやベルギーでは、エールタイプのビールが主流です。エールタイプはフルーティーな香りが特徴で、味わいも個性的です。

また、酵母だけではなく原料の違いによって、「ビール」「発泡酒」「第三のビール」の3種類に分けられます。ビールは主に大麦麦芽を原料としたもの、発泡酒は原料の一部に麦芽または麦を使用したもの、第三のビールは麦芽以外の原料を使用したものです。このようにビールといってもいろんな種類があります。

クラフトビールは様々な国で作られていますが、その中でも注目を集めているのがイタリアのクラフトビールです。イタリアと言えばワインというイメージが強いですが、現在ではブルワリーの数も増え、ワイン同様にビールも高い人気を誇っています。

アンバービールなどイタリアのクラフトビールを通販で

ジャパンメディアセールスでは、2015年にBest Italian beerを受賞したサンガブリエルブラセリア アルピナといったイタリア産クラフトビールを通販にて取り扱っております。どちらのビールも日本初上陸で、造り手の思いやこだわりがたくさん詰まったクラフトビールです。贅沢なイタリア産クラフトビールの詰め合わせもご用意致しておりますので、香りや味わいなどそれぞれの個性が楽しめるビールを、ぜひご家庭でご賞味ください。

ワインをより楽しむためのコラム

イタリアンワインの歴史イタリアンワインの魅力イタリアンワインの格付けについてイタリアワインの楽しみ方

イタリアワインに使用される代表的なブドウ品種ワインと料理の相性の良い組み合わせ方とは?

適したワインの保存方法各国のワインの特徴クラフトビールに関する基礎知識クラフトビールの美味しい飲み方

店名 ジャパンメディアセールス
住所 静岡県島田市柳町11-2
電話 0547-37-5005
URL http://www.jame-sa.com/
取扱商品 直輸入イタリアワイン、直輸入クラフトビール、国産黒毛和牛ハンバーグなど